HSPという人生

HSPという気質(仮)で成り立つ日常とそこから派生するあれこれを書きながら、人生やり直したいなというブログ。

避ける

とある温泉施設で、お昼を食べたときのこと。

まあまあ広い食堂だけど、お昼時間を少し過ぎていたので閑散としていた。6組程度のお客さんがいただろうか。

席はけっこう空いている。
奥の方に座った。
少し離れた席で電話をしている女性客が少し気になった。
でも、少し気になるという程度だったので、大声ではなかったと思う。

それが、食事が運ばれてくるころになって、女性客の声が大きくなり始めた。会話の内容を聞くつもりはなかったので覚えていないが、ねばついた気配のする愚痴のような話。

電話はちっとも終わらない。

食事を食べ始めたけど気になって味がわからないし、その女性の感情が自分のほうに流れてくる気がして、気持ち悪くすらなってきていた。

いままでなら、早く食べ終わって席を立ち、温泉に浸かるという手段をとっていただろう。たぶん。

今回は、気持ち悪いと感じたあたりで、店員さんに申し出てみた。

お行儀悪いけど席を変更したい、と。

快く許可していただいて、だいぶ離れた席で食事ができた。声は少し聞こえるけど、音がするなというくらい。気持ち悪さは消えた。

行儀的には×だと思う。
混雑していたら、我慢して食べきるしかない。

でも…HSPである自覚。

気持ち悪いと思ったまま居続けたら、帰るまでずっと気持ち悪かったかもしれないし、帰っても次の日も気持ち悪かったかもしれない。

行動できた自分を誉めてみた。

少し前までの自分とは違うことができたし、気持ち悪いという感覚をしっかりと認識した。

よくできた。

どうしても回避できないときはあると思う。
でも、できる限り、自分の心を守る行動をとりたい。

ただ、驚いたのは、すぐ近くで食べている2組くらいの人たちが、ゆっくり食事を続けていたこと。不快には思っていたのかもしれないけれど。

わたしは、店から出たいと思うほどだったのに。

感じ方は、やはり人それぞれなんだな…という話。