HSPという人生

HSPという気質(仮)で成り立つ日常とそこから派生するあれこれを書きながら、人生やり直したいなというブログ。

恋愛と結婚

わたしに恋愛や結婚は無理だと思う。

独り身なのは、理想が高いからではないかと昔はだいぶ言われたけれど。

理想なんて、挙げればキリがないのは誰でも同じではないかな。言わないだけで。
一番譲れない条件だけは合致して、付き合えたり結婚できたりしてるんじゃないかな。
あとは妥協とか。そういうのを耳にするときがある。ただ、ささいなことから発生するマウンティングを避けるためなのか、女性は自分や自分の周辺を卑下して語る傾向があると思っているので、妥協が本心なのかわからない。

理想はともかくも、大げさに言えば、わたしはいつも身近な人の言動の奴隷になってきた。
好意がある家族である友人である同僚であるなど関係性は様々で、度合いも色々。自分でも知らないうちに、相手の言動に左右され、無意識に従い、感情を同期してきた。

これをコントロールできないなら、恋愛も結婚もわたしのためにはならない。相手のためにもならない。

どうして彼氏がいないのと安易に聞いてくる人に言ってもわからないだろうから、「縁がなくて」と、散々使い古された言葉を吐き出す。

自分という人間の輪郭を保ったまま、人と深くつきあえるのか?まだわからない。

わからないけれど、無職であるいまこの休養期間が、他人と接する中で溶けてなくなった自分の輪郭を取り戻す時間になるのだと信じたい。

わたしは人と繋がれない人間だった。退職した会社の人の連絡先は知っていても、やっぱり繋がってはいない。親しくなれる人たちが羨ましかった。できない自分を責めていた。

HSPであること。
病気ではないけれど、一生抱えていく気質だということ。

これからは、深呼吸して冷静に自分の輪郭を確かめて、それから人に近づこう。相手の感情と混ざって自分を見失わないために。

これはわたしではない。ではわたしはどこに?ずっと昔から繰り返してきた。その答えを、いま知ろうとしている。